子育て&LIFE

[切迫早産]妊娠中の夫婦必見!トコちゃんベルトで食い止めよう

こんにちは、ゆぅです!

現在ボクには2人の子どもがいます。

2人目の時は切迫早産で早産の可能性があったため2〜3ヶ月くらい奥さんは入院してました。その間ずっと奥さんは点滴をしてました…

そしていまは3人目が奥さんのお腹の中にいます。しかし今回も切迫早産で早産の可能性があります

でも今回は薬を飲みながらではありますが、入院はなんとか食い止めることが出来ていて、家で安静にしてます。

それは妊婦さんが付ける腹帯ベルト。そのベルトが良かったんではないかと思います。

その名もトコちゃんベルト!!

もちろんこのベルトをしただけで大丈夫なんてことはありませんが、切迫で悩む人をなんとか助けたいと思い、母親目線からではなく父親目線で紹介します。

この記事はこんな人にオススメ

切迫早産をとにかくくい止めたい方

入院は絶対出来ない又はしたくない方

切迫中のご夫婦(旦那さんの出番です)

そもそも切迫早産とは

早産に対して緊迫した状態であるということです。

経管が短くなる=早産の可能性が高まる

37週より前に産まれると一応早産ということになるそうです。

切迫早産とは、早産が切迫した状態のことを指します。日本では、妊娠22週0日から妊娠36週6日までの出産を早産と呼びます。

切迫早産は、具体的には以下2点を伴う状態です。

  • 子宮収縮があること
  • 子宮頸管が開大していること

子宮頸部は、妊娠中に赤ちゃんを子宮の中にしっかりととどめておくための役割を果たしており、妊娠中は同部位を子宮頸管と呼びます。子宮頸管は、赤ちゃんが外に出ないように、そして外から細菌などの外敵が侵入して来ないように、「固くて・長くて・しっかりと閉じている」という構造になっています。

この「固くて・長くて・しっかりと閉じている」状態から「軟らかく・短く・開きかけている」という変化が、早い週数で起きてしまうことを切迫早産といいます。この変化が起こる週数が早ければ早いほど重症な切迫早産であるといえます。

子宮頸管長の長さについては、妊娠24週で平均約35mm、25mm未満となると早産のリスクが高まるとされています。

出典:メディカルノート

早産とは

妊娠22週で生まれた場合、早産となりますが赤ちゃんの体重は500 g前後で長期間の新生児医療(新生児集中治療室での治療)が必要となり、また、早く生まれた赤ちゃんほど、後で重篤な障害が出現する可能性が高くなります。最近では、妊娠34週以降の正期産に近い時期の早産であっても、呼吸障害など長期に障害を残すことが報告されています。

出典:日本産科婦人科学会

二人目も生まれた直後は保育器に入っていました。うまく呼吸ができずに顔が青黒くなることもあり、カワイイけどすごく不安だったのを覚えています。

今では元気に生意気に育っております(笑)

トコちゃんベルトとは

トコちゃんベルトとは腹帯のベルトタイプになります。

トコちゃんベルトⅡ
出典:tocochan.com

妊娠が分かったら

妊娠が分かったら

就寝中

就寝中
  • 寝るときは着用してもしなくてもかまいません。
  • ベルトなしでは寝返りができない、起き上がれないような場合は着用をおすすめします。就寝時にトコちゃんベルトを着用される場合には必ず、「ズレ防止パーツ」をご使用ください。

ズレ防止パーツ

分娩時

分娩時
  • 陣痛や破水(水おり)が始まっても、はずす必要はありません。
  • ただし、血液で汚れやすいので、血液が付着しても困らないアイテムを使用することをお勧めします。

産後

産後

出典:tocochan.com

トコちゃんベルトの存在は確か妻が保健指導に行ったときに教えてもらったものだったと思います。切迫早産って止めれるんだってー!!とびっくりしていました。

 

 

トコちゃんベルトを巻いてから

トコちゃんベルトの存在を知ってから藁にもすがる思いですぐに購入しました。

そして使い始めてから次の検診の日が来ました…結果はなんと頸管が伸びてたんです!!2人してそんなことってあるのかと驚きました。これめっちゃ良いね!ってなってそれからずっと妻はトコちゃんベルトを着けてます。

24週の時点で31ミリ

26週の時点で33.3ミリ でした。

(それまでずっと無理させてたんだね。ごめんなさい)

※追記:34週の検診で21ミリでなんとか入院せずに持ちこたえております!!

それ以降の検診では週数も重ねてるということもあって頸管が伸びるということはなくなりましたが、それでも短くなる頻度も少なくなり入院まではいってません。

母体に良いもの、とにかく安静に

トコちゃんベルトを着けたからと言っても絶対に油断は出来ません!ベルトだけで全てカバーするのはなかなか難しいと思います。とにかく動かないように暖かくして安静にしましょう

ボクの奥さんもほとんど家で寝たきりです。ご飯とトイレで起き上がるくらい。

でもそれでいいんです。

あとボクの奥さんが調べてたらこんなの良いよと出てきたので続けてるのが、キムチと納豆。

よく食べてます。いつもはキムチも納豆も食べないんですけど妊婦さんに必要な栄養をたくさん採れるそうです。

それと切迫には肉よりも魚が良いそうです。これは保健指導で先生が言ってたそうです。魚も今はよく食べてます。

生魚は避けましょう!

まぁ食事は妊娠中とか関係なく言えることですが、栄養のバランスが取れた食事をしっかり取りましょう。野菜をちゃんと食べましょう!

旦那さんの出番です

旦那さん!あなたの出番ですよ!

やっぱり父親目線からだとこれを強調したい。

産まれてくる我が子のために、奥さんを病院送りにしないためにできることがあります!すごく大変ですが、慣れます!!

それは「とにかく家のこと全てやりましょう」

ご飯、掃除、洗濯、皿洗い、子どもの送迎、幼稚園・小学校等の行事参加などなど。全て。

仕事終わって帰ってきて俺は疲れてんだー!じゃないんです。いつもなら奥さんが元気な時はほぼやってくれてる家庭も多いと思います。でも奥さんはお腹に大事な赤ちゃんいるんです。ホントは奥さんだって動きたいんですでも動けないんです寝てるだけだって絶対ツライし楽しくない。

だから動ける人が動く。

できないじゃなくてやる。

妻がやるのが当たり前はやめよう。

  • 料理出来ない。料理だってレシピの通りにやればできます。不味くても構わないしお惣菜買ってきてもいい。
  • 洗濯畳むの出来ない。雑でもいい。むしろすぐ使う物は畳まなくてもいい。(ボクも苦手です…)
  • 皿くらい洗えるでしょう!
  • いつもは奥さんが参加してくれてる行事、送迎。周りは奥様方ばっかりでも気にするな!普段見れない子どもの姿見れるから。
  • 出来なかったことでも続けてたらなんとなく出来るようになって習慣になります。

1人目なら入院になっても周りは大丈夫ですが、2人目以降ははっきり言って入院になるとめちゃくちゃ大変です。ボクも2人目のときは大変でした。お陰でその時はストレスでかなり痩せました。

まとめ

いま妻は二週間ごとに検診に行ってます。

その度にヒヤヒヤします。薬は毎日飲んでますがでもなんとか入院は食い止めることができてます。

トコちゃんベルトのおかげもあると思います。ベルトをしっかり巻いて、ちゃんと食べて安静にして良いものは取り入れましょう。

お父さんもお母さんも頑張りましょう。

シングルマザーの方もいらっしゃるとは思いますが、両親にも頼りましょう。

頼れる人には頼りましょう。何も気にすることはありません。

ボクは家のことほぼ全部やりだして2か月くらい経ちます。結構大変だけどでも奥さんが家で居てくれるだけでイイ。

入院になるとツライし余計にしんどい。

でも本当にダメなら入院しましょう。その時はなんとかなります!

やっぱり1番はお腹の赤ちゃんのために。

切迫早産で悩む人、苦しむ人、パパもママも少しでも楽になればいいな〜。元気な赤ちゃん産みましょう!今はこういう時だと割切って、落ち着いたらみんなでお出掛けしましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
ゆぅ太郎
平凡な会社員、三児のパパやってます! 地元香川の事や子育てのことを発信してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です