子育て&LIFE

[パパも積極的に]育児は大変!ママだけのワンオペではキツイ!夫婦で協力しよう!

こんにちは、ゆぅです!

ここ数年「イクメン」って言葉良く聞きますよね?

なぜそういう言葉が生まれたかのか。

それは昔の父親(どれくらい昔かはわかんないけど)はあまり育児をしない人が多かったって聞きます。いわゆるワンオペ育児だったんですね。

ボクの父親から上の世代かな?

オムツの交換なんてしたことないみたいな人も結構いるみたいです。

それが最近の父親は育児を積極的にやる人が増えたからですね。

これからはもっともっとパパが積極的に育児に参加すべきだと思いますし、そういう人ももっと増えてくると思います。

ゆぅ
ゆぅ
育児は夫婦でするもの!

父親は仕事、母親は育児なんて時代じゃない

それにはやっぱり時代背景もあるんだと思います。

男社会なんて言われた時代。そんなことあってはならないと思うし完全に平等になったとは言えないけど・・・

でも今は女性もガンガン前に出てきて正直言ってやっぱ女性はスゴイです!

男より強いと思う!

でも育児するしないを時代のせいにはしてはいけないと思うんですね。

自分たちの子どもですからね。

やって当然なんです。

ゆぅ
ゆぅ
時代のせいにしちゃダメ!

父親が仕事行って遅くに帰って来るよりも絶対に育児の方が大変だと思う。

父親みたいに朝と夜だけ見てればただただ可愛いで済むかもしれないけど、やっぱ母親は四六時中ずっと一緒にいるといくら可愛くてもさすがに大変。

特に子どもがまだまだ小さくて赤ちゃんのうちはなにかとホントに大変なんです。

気付いてあげましょう!母親のみなさんも旦那に助けを求めましょう!

イクメンという言葉

数年前からテレビとかでも芸能人のパパがしっかり育児をやっていて「イクメン」なんて言葉が有名になりました。

ボクも子どもたちと妻ぬきで公園なんか行ってると

女性A
女性A
イクメンですね

なんて言われます。

イクメンという言葉、これには色々な意見があります。

それは父親なんだからやって当然!イクメンなんて言われてもみたいな意見です。

たしかにそうだと思います。

でもよくよく考えるとそう言われること自体はボクは嬉しいんですね。

なんか褒められてるみたいで。

だからたぶん直接そう言われて嫌な人はあんまりいないんじゃないかなー?

だからもっともっとイクメンという言葉を広めてイクメンってのはカッコイイんだぜ!とかイケてるんだぜ!とかって認識されれば、

男性A
男性A
そうか〜イクメンってカッコいいんだなっ!

って思った新米パパは絶対育児に参加すると思います。

それとか有名なカッコイイ芸能人とか、近くで言えばカッコイイ先輩とかがちゃんと育児やってたら

男性B
男性B
あっ、オレもああなりたいから育児しよー!

とかってなると思うんです。

そんなミーハーな感じで全然OKです!やらないより。

だからちゃんとやってる人からすれば、イクメンなんて言葉って思うかもしれないですけど、もっとイクメンって言葉をアピールして広めて、

イクメン=カッコいい

ってなればいいと思います!

父親の育児休暇

最近では父親が育児休暇を取得したなんてニュースも聞きますね。

でもなかなか低すぎる育児休暇取得率・・・

2012年度の男性の育児休業取得率はわずか1.89%で、前年度の2.63%から0.74ポイント減少。

やはりなかなか取りづらいのが現状です。

取りたいけどなかなか厳しい・・・そんな人も多いと思います。

その分仕事以外のときはいっぱい育児しましょう。

いつか男が育児休暇を取ることも当たり前になればいいな。

パパと子どもだけで出掛けよう

でもやっぱりママにしかできないことはあります。授乳とか。

赤ちゃんはどうしたってママが好きですからね。

そこはもう仕方がないんですけど、赤ちゃんもある程度大きくなればパパと2人でも数時間くらいなら全然余裕でお出かけできます!

なので授乳と夜泣きで疲れてるママを休ませてあげましょう。寝かせてあげましょう。

ボクも確かに最初、子どもと2人でのお出掛けはドキドキしてました。でも慣れればどうってことないですよ!

ミルク持って朝から夕方くらいまで一緒に出掛けたりしてましたもん笑

それに赤ちゃん連れてるとみんな寄ってきて可愛い可愛いって言ってくれます。

もちろんまた

女性B
女性B
イクメンですね♪

なんて言われます。

ゆぅ
ゆぅ
褒められると伸びます(笑笑)

さあ、準備をしてお出掛けしましょう!

ママのみなさんは1人になったらアレがしたいコレがしたいって考えといて下さい。

ボクの妻も急に1人になっても何してイイかわからないって言ってました。長い間、1人の時間がなかったから。

だから寝たいでもいい、読書したいでも、テレビ見たいでも、カフェ行きたいでもなんでもいい。

事前に準備しておきましょう!



まとめ

それでもまだまだ育児をしない人もいるみたいです。しないだけならまだしも、

テレビや新聞なんかでは悲しいニュースが絶えません。。

 

これからもっともっと父親が育児に参加するようになっていって本当の意味でそれが当たり前になる時代が早く来ればいいなと思います。

イクメンはカッコいい!

パパっ子にしましょうよ♪

オムツの替え方くらいおしえますよ!

沐浴のやり方くらい教えますよ!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ABOUT ME
ゆぅ太郎
平凡な会社員、三児のパパやってます! 地元香川の事や子育てのことを発信してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です